ホワイトニング(歯の漂白)症例

歯表面に付いた色素を除去するだけがホワイトニングではなく、歯表面を傷つけずに歯の中の色素を分解して表面を明るくしていくこともホワイトニングの役目です。

ホワイトニングは歯表面の汚れをきれいに除去した後に行うのですが、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの2種類があります。当院はどちらの方法も扱っておりますが、ホ-ムホワイトニングを推奨しています。

歯の中の色素を毎日少しずつ、ホワイトニング薬剤の作用で分解していきます。

これまでは歯の表面を薄く削りセラミックをかぶせて歯を白くしてきましたが、ホワイトニング技術が高度になって、自分の歯を白くする事ができるようになったのです。

この効果には結構個人差があります。持って生まれた歯の色素が濃い人の場合だと、ホワイトニング効果があまり望めませんし、紅茶やワインなどの色素が歯に付きやすいものを好んで飲食する人や、喫煙習慣のある人は、ホワイトニングを施しても、また色がついてホワイトニングをしなければならなくなります。

そして、ホワイトニングもメンテナンスが必要である事はご存知でしょうか?
ホワイトニングは普段の食生活でも、また色が付いてしまうので、2年くらいで元に戻ってしまう事が多いのです。
自宅でのホームホワイトニング、歯科医院で行うクリーニングのPMTCなどのメンテナンスができます。ケアは定期的に行い、それによって白い歯を守りましょう。

ホワイトニングで注意すること

食生活やタバコ、加齢などで歯が汚れたり、変色した人で健康状態のよい方にホワイトニングは効果があります。

しかし、注意するべき点があります。

ホワイトニングはムシ歯の人にはできません。ムシ歯を治療してからホワイトニングをすることになります。

最近になって歯周病の素因を排除する事や、大元となる菌に汚染されたゾーンを掃除することによって、新しい組織の生まれ変わりが促されるような治し方が実用化されました。
上の親知らずは下と比較して麻酔の効き目が高いため歯を抜く時も激痛を伴うという例が少なく、痛さに敏感な方だとしても、手術は比較的容易に完遂できます。
美しく麗しい歯並びにしたい人は、要領良く美容歯科を得意とする歯科を利用するのがおすすめです。優れた美容歯科では総合的な観点からの治療を提言してくれるはずです。
審美歯科での治療は見た目の美しさのみではなく、噛み合わせや歯並びの修築を行い、その結果、もともと歯が持っている機能美を復することを探る治療方法なのです。
口の開閉によって起こる筋肉の緊張を取り、ひずんだ顎関節内を正しい値にする運動を実践したり、顎関節の動きをより快適にする医学的なエクササイズをやってみましょう。


大人と同じく、子どもの口角炎もあらゆる素因が予測されます。なかでも目立つ理由は偏った食事と細菌の作用によるものに集まっています。
インフォームド・コンセントの採用は患者の病状を的確に知り、それに効果的な治療の手段に主体的に打ち込むようにしましょうという方針に起因するものです。
歯科による訪問診療の事例では、処置が完了した後も口腔ケアをしに定期的に何度か担当の歯科衛生士たちが訪問する事がけっこうあると言われます。
あなたもご存知の通り口内の唾液はいかにもすっぱそうなものや、美味しそうな食べ物を目の前にすると分泌されるのですが、以外なことに虫歯や歯ぐきの歯周病等を防ぐのに作用しているのが唾なのです。専門的な話をすれば、虫歯は、虫歯の元凶の菌が歯を歯を溶かして冒す進行具合に、歯の再石灰化の作用(溶けてしまった歯を元通りに戻す動き)の速さが負けるとできます。


最初は歯周病の原因となる菌が歯の表面にこびり付き、それが一因で歯ぐきが炎症を起こしてしまって赤く腫れたり、ハブラシで歯磨きすると出血したりする症状が見られるのが歯肉炎の特徴です。
通常の歯ブラシでのブラッシングを怠らずに行っていさえすれば、この3DSの効果でむし歯の原因菌の除菌された状況が、少なくとも4ヶ月~半年位持つようです。
このところホワイトニングを受ける人が増大していますが、そのときに採用された薬剤が一因となって歯が凍みる感じのする知覚過敏という症状を起こす事がありえます。
歯をいつまでも持続するためにはPMTCは大層大事なことであり、それが歯の処置後の状態をいつまでも維持できるかどうかに強く関わってくることも真実です。
長い期間歯を使用し続けていると、表面のエナメル質は徐々に減って薄くなるため、なかに存在している象牙質の持つ色味がちょっとずつ透けるようになってきます。

審美面でも仮歯は肝要な働きをします。目と目の間をつなげる線と前の歯の端が平行に走っていないと、まるで顔の全体が不均衡な感じになります。
針のない無針注射器シリジェットと痛みの少ない各種レーザー治療器を両方採用して処置すると、むし歯も口内炎も、不快な痛みを九割方味わうことなく治療を行うことが出来てしまうとのことです。
広がってしまった歯周ポケットという歯と歯茎の隙間には、汚い歯垢が入ってしまいやすく、そのようにしてたまった状況では、歯を磨くことのみしてみても、すべて完全には除去できません。
迷惑になる口の中の臭いをそのままにしておくと、周りの人へのダメージはもちろんの事、当人の精神衛生にも重い負担になる危険性があるのです。
歯の色味はもとからまっしろでは無くて、人によって差はありますが、大多数の歯の色は、イエローの系統やブラウンの系統に色付いています。

嫌なことに歯肉炎ができると、歯ブラシでのブラッシングの時、りんごなどを齧ったとき、歯ぐきから血が出てきたり、歯グキがどことなくムズムズして痒いといったトラブルが現れます。
少しアゴを動かすだけで苦痛を感じる入れ歯、馴染んでいない入れ歯は、それが理由できちんと噛み合わせることができずになんと丸ごと飲み込んでしまう実例が、増加しているとよく耳にします。
この頃幅広い世代に認識される事になった、例のキシリトールを含有するガムの成分によるむし歯の予防も、そういった研究開発の結果から、創造されたものと言えます。
上部の親知らずは、麻酔による効用が強くなるため、抜歯をする際も痛さを感じるという場合が少なく痛さに敏感な方を対象にする場合も、手術は比較的簡単に行うことができます。
口の開閉で生じる筋肉の緊張をなくし、歪んだ顎関節の中の方を正しい値にするトレーニングを実践したり、顎関節の運動をより円滑にするリハビリをやってみます。

普及している入れ歯の欠点をインプラントを装備した入れ歯が補います。隙間なく接着し、お手入れの楽な磁気の力を使った形式も購入できます。
ホワイトニングの処置を受けないとしても、歯の裂け目をそのままにしておくと、象牙質がもろくなってしまい、外気や口に入れた食物が当たる度に痛む場合があると言われています。
例え成人になったとしても永久歯は虫歯になりますが、乳歯はその構造上、永久歯より酸への耐性が頼りないため、毎日の歯磨きを軽視すると、乳歯に巣食った虫歯はあっという間に重症になります。
審美歯科治療の処置で、一般的にセラミックを使う場合には、例えばつぎ歯の入替等が用い方としてありますが、詰め物にもこのセラミックを活用することが可能なのです。
口の中の状態と一緒に、身体トータルの具合も忘れずに、安心できる歯科医ときっちり相談してから、インプラントの処置をおこなうようにしましょう。