緑茶カテキンの効用

私たち日本人にとって、食後にお茶、というのはとても馴染みがありますよね。
食後のお茶がないと、何か物足りない感じがしませんか?

いまや緑茶は海外でもブームで、日本だけのものではなくなりつつあります。
カテキンやビタミンCが多く含有された緑茶は、科学的に健康に良いことが証明されています。
健康志向の人は、海外でも日本食を好み、お茶も急須で淹れるほどなのです。歯科治療に取り掛かるのに先立って、患者さんが納得される迄の説明を心掛けているのは、静岡市葵区において歯医者をオープンしているみまつ渡辺歯科医院。様々な症例に対応しております。

お口の中の健康を守る意味でも緑茶に含まれるカテキンは重要で、大変よい効果をもたらします。

カテキンの効用
1.むし歯、口臭予防
2.ウイルスやバクテリアの増殖防止

お寿司やさんでは食中毒を防ぐ意味でも緑茶を飲みましょう。
のどの殺菌のために緑茶でのうがいも効果的です。
細菌の増殖も防げますから、風邪の兆候があるときには緑茶でうがいしましょう。
この効用を知っていたのか、緑茶習慣は昔からあったのです。

仕事が一段楽した時に飲むお茶は、ストレスを減らす事ができ、また、さらさらした唾液になると殺菌効果、再石灰化の促進にも働きかけます。ホワイトニングに必要なのは、自然な白さ。過度にならない白さを提供してくれるのは、大阪でホワイトニング専門の歯科医院大阪中央審美ホワイトニングサロンです。
熱いお茶を急須でいれても良し。
手軽にペットボトルのお茶でも良し。
毎日緑茶を習慣はお口の健康のためにも大変よいのです!!

■噛む回数と唾液の関係は?

本来歯が持つ力は、成人男性が60㌔、女性が40㌔だそうです。
しかし、昔と比較して3割ほど現代人の噛む力は弱くなっているのです。
外観的に、小顔であごの細い若い人が増えています。
それに比べると、顔の輪郭がはっきりしているのは年配の方で、えらも張り、力強いあごの形をしています。それは、繊維質のある野菜や玄米を食べてきたので、丈夫なあごが育ったのだと思います。

食生活が変化したために、それが原因で噛む力が弱くなっているのです。
お子さんが好んで食べるのは、パスタ、ハンバーグ、ラーメンなどの柔らかいものが多いのです。
また、大人も忙しさに紛れ、インスタント食品が多い傾向にあり、日本食より洋食の割合が多くなってきているようです。


これは、しっかり力を込めて噛まなくても食べることができるものばかりですので、あごの筋肉が発達しません。
ハンバーグで2㌔、ラーメンは1㌔が噛むのに必要な力です。
反対にいわしの丸干しは20㌔、きんぴらは10㌔なのです。
このように、和食は洋食よりもあごの力を使うのです。

唾液の分泌量は噛む回数が減少すると減ってしまいます。
唾液には以下のような効果があることをご存知でしたか?

・食べカスを洗い流す
・口内のPH(ペーハー)を一定に保ち、細菌の繁殖を抑える
・歯の表面に皮膜を作り、むし歯を防ぐ
・抗菌作用
・血液凝固作用

赤ちゃんは唾液により口内を保護するので、たくさんのよだれを出すといわれています。
よだれにより自分を防御し、体の機能の不足を補っているのです。
そして、殺菌作用により、細菌の増殖を抑止しています。
転んで足を擦りむいたりしたら、そこにつばをつけたりしたことはありませんか?
それは唾液の持つ、血液凝固作用、殺菌作用の効能を知っているからなのです。
おばあちゃんの生活の知恵と言ってよいでしょう。
噛む回数を増加させるように、食べ物の素材の具を大きくしたり、繊維のおおい野菜を極力摂って、自分の歯の健康を保持し、ムシ歯予防のためにも、噛む回数を意識して食事を摂るように心がけましょう。

審美歯科に関する医療では、「悩みの種はどうしたものか」「どんな笑い顔を手に入れようとしているのか」を余すところなく打ち合わせることを基本に着手されます。
ムシ歯が主因の知覚過敏は、ムシ歯がずい分進行していると見なされ、歯牙の痛みも続きますが、そうではない時は一過性の様態で収束することが予想されます。
歯の噛みあわせの異常のなかでも殊に前歯がよく衝突する状態では、噛みあわせるたびに圧力が上顎の骨の前部や鼻の骨にダイレクトにかかってきます。
ビオラ社のエムドゲイン治療剤を歯周外科の治療実施時に患部に塗ると、初めて乳歯が生えたような状態とよく似た、丈夫に貼り付く歯周再生を助長することが不可能ではありません。
物を噛むと激痛が走る入れ歯、合っていない入れ歯は、それが理由でよくアゴを動かせずに丸ごと飲み込んでしまうケースが増加してきてしまっているとのことです。


PMTCの利用で、一般的なハブラシによる歯みがきで完璧に落とすことのできない色の定着や、歯石とは異質のゴミ、ヤニなどを驚くほど取り除きます。
針のない無針注射器シリジェットと痛みの少ないレーザーの治療器を組みあわせて治療する事で、虫歯も口内炎もイヤな痛みを滅多に味わわずに治療を行う事が可能なのです。ワンランク上の仕上がりを目指しているのは大阪心斎橋近くで歯科医院を開業しているミント歯科。自然な歯に近くなるように仕上げます。
口内の具合と一緒に、体全体の様子も含めて、安心できる歯科医とゆっくりご相談してから、インプラント法を始めるようにしましょう。
美しい歯になることを主な目的としているので、歯の噛み合わせの確認などを二の次にしているような事実がとても多く聞こえてくるとのことです。
人間の歯牙の外面を覆っている生体で最も硬いエナメル質のすぐ下の箇所より、口腔の酸性度が下がりペーハー(PH)が5.5から5.7より低くなるとカルシウムやリンなどが溶けてなくなってしまいます。


虫歯にならないようにするためには歯磨きばかりでは不可能で、肝心なのは虫歯のきっかけとなる原因菌の排除と虫歯の深刻化を防ぎ止めるの2つのポイントとなります。
カリソルブというのは割に程度の軽い虫歯の処置に採用しますが、大きめの虫歯には不適切なので、そこはご承諾ください。
口内に矯正装置を取り付けし、歯に一定の圧力を連続的にかけ続ける事で人工的に正しい位置にずらし、良くない歯並びや噛みあわせを改善するのが歯列矯正といわれる治療方法です。
デンタルクリーニングは、歯周病の原因となる菌の増加を防御する確実なケアだと科学的にも証明されており、単純に気持ちよいというだけではないのです。
診療機材などのハードの側面においては、社会から望まれている歯科による訪問診療の責任を果たすことが出来るラインに到達しているという事が言っても差し支えないでしょう。

口中の臭いを放っておくと、あなたの周囲の人への不都合は当然ですが、自身の心理的にひどい負担になる恐れがあります。
仮歯を入れたならば、容貌もナチュラルな感じで、食事や会話にも悩まなくて済みます。更に仮歯がある事により、他の治療中の歯が欠けてしまったり、歯列がずれたりする事がありません。
歯科技工士が作った義歯の離脱が行えるということは、加齢にともなって変形する口腔内と顎関節の診断結果に適した方法で、修正が実行できるということです。
少しアゴを動かすだけで鈍痛がうずく入れ歯、ぴったりフィットしていない入れ歯は、そのことが原因できちっと噛み締めることができずに驚くことにそのまま飲み下してしまう実例が、増加しているとの事です。
歯をこの先も保持するには、PMTCが非常に肝心であり、この方法が歯の治療した結果を長い間保存できるかどうかに、強く影響してくることも現実なのです。

歯のおもてに引っ付いた歯石や歯垢等を取ることを、歯科ではクリーニングと呼びますが、その歯石や歯垢などは、虫歯を引き起こすきっかけといわれています。
ホワイトニングの施術は、歯の表面のゴミや汚れをじっくり取った後でおこないますが、自宅でできるホームホワイトニングと歯科医院で実施するオフィスホワイトニングという、方法の異なる2種類があるのです。
一般的にインプラントとは、歯肉の内部に在るあご骨に、親和性が高く体への負担が少ないチタンで作られた人工歯根を埋めて、それを土台として人工の歯を設置する治療技術です。
歯科医による訪問診療のケースは、施術が終わった後も口の中のケアのために、定期的に何回か担当の歯科衛生士たちが、伺うことがけっこうあると報告されています。
自ら自覚症状がない間に、歯にはヒビ割れが潜んでいるというケースも想定されるため、ホワイトニング処理をする場合には、じっくりと診てもらう事です。

歯周組織の再生のために、エムドゲイン治療の施術はとても有能なテクニックなのですが、しかしながら、完全な再生作用を獲得するとも言い切れないのです。
歯のレーザー処置は、虫歯の原因となる菌をレーザーで気化させ、その上歯の表面の硬度を補強させ、虫歯菌のついた歯になりにくい口内環境にする事が不可能ではありません。
数が少ない口腔外科は、その性質として、顎口腔機能の改善を主な目的としているために、内科の治療や精神的なストレス障害などに至るほど、担当する項目はあらゆる方面で存在するのです。
歯の色味とは元から真っ白ではなくて、十人十色ですが、大多数の人の歯の色は、黄色味が強かったりブラウン系に色が付着しているようです。
プラークコントロールという言葉を聞くと、毎日の歯みがきをイメージするケースが大方だと見込んでいますが、実際はそれ以外にも多種多様なプラークコントロールの用途があるようです。