プラークコントロールって?

歯垢(プラーク)をためないように歯磨きすることや、 たまっているプラークを取り除くことをプラークコントロールと言います。プラークは放置すると石のように硬くなり、強固に歯に張り付いてしまいます。
これが「歯石」と呼ばれる状態であり、こうなると歯ブラシで取り除くことはできません。そのため歯垢(プラーク)から歯石になる手前でブラッシングで取り除くことが大切になってきます。
人によって、お口の大きさから歯の大きさ、歯の厚み、歯の質、歯並び、歯の溝の深さなどはそれぞれ違います。皆さんが同じ歯ブラシで同じように磨いていても、効率よくプラークコントロールはできません。あなたご自身に合ったプラークコントロールをはじめましょう。

歯の表面では、脱灰(歯の成分であるミネラルが溶け出す)と、再石灰化(ミネラルが歯の中に戻って結晶化する)が繰り返し行われています。この脱灰・再石灰化のバランスが崩れ、脱灰の比重が大きくなると虫歯が形成されてしまいます。フッ素には脱灰を抑え、再石灰化を助けて虫歯の進行を予防する効果、また歯質の強化や細菌の発育を抑える効果があります。ご自身の大切な歯を守るため、フッ素入りハミガキを使い、正しいブラッシングをしましょう。
商品紹介
■デンタルテープ
・歯と歯の間に隙間がない部位に
・歯並びが悪い部位に
・PTFE(ポリテトラフッ化エチレン)素材採用
・モノフィラメントだからひっかかりにくい
※ソフトデンタルテープ:25m

■デンタルトゥースピック
歯と歯の間から始まる歯肉炎。隙間の大きさに合わせて3サイズあり、折れにくいプラスティックも好評です。携帯ケースのみも販売しています。

幅の広い三角形をしたやわらかい木製のデンタルスティック

本来の噛みあわせは、しっかりと咀嚼する事により歯がすり減って、各々の顎や顎の骨の形状にふさわしい自分だけの噛みあわせが完成します。
いまや医療の技術が進歩し、針のない無針注射器や様々なデンタルレーザー治療器を使うことで、痛みを大分軽くすることのできる「無痛治療」という選択肢が開発されています。
甘い嗜好品を摂取しすぎたり、歯みがきを適当にすると、歯周病を引き起こす菌が増殖してしまい、プラークが繁殖してしまい、その結果歯肉炎を発症してしまうようです。
いまでは医療技術の開発が著しく改善し、驚くことに針の無い無針注射器や様々なレーザー治療器を使用する事で、かなり痛みを減らす事のできる「無痛治療」というカテゴリーが在ります。
ドライマウスに多く見られる状態は、口内がカラカラに乾く、ノドが乾くという事が約90%を占めます。ひどいケースだと痛みなどの不愉快な症状が現れてしまうこともあるとわかっています。


数が少ない口腔外科という所は歯槽膿漏や虫歯更には入歯の治療ばかりでなく、口腔内に現れる多種多様なトラブルに挑む診療科目の一つです。
口腔内の匂いの存在を同居の家族にさえ確かめられない人は大層多いとみられます。そういう場合こそ、口臭の外来へ行って口臭の専門施術を受けるのを推奨します。
歯をずっと存続させるにはPMTCは大層肝心であり、この処置が歯の施術後の状態を末永く保てるかどうかに強い影響を及ぼすのも実際の事です。
口腔内の状態はもちろんのこと、口以外の場所の状態も盛り込んで、お世話になっている歯科医とよくご相談してから、インプラントの申込をスタートするようにしてください。
噛みあわせの不具合の中でもことさら前歯が何度も衝突するような状況だと、歯を噛みあわせる毎に強い圧力が上顎の骨の前部や鼻の骨にダイレクトに加わってしまいます。


面倒なプラークが溜まってしまわないよう、毎日歯石の予防をおこなうことがものすごく肝心です。歯垢の付きやすい場所はよくケアする事が特に重要になります。
歯科衛生士が在宅での医療で要求されているのは、一番には口腔内を掃除して清潔にすることです。患者の口の中が不潔な状態だと、細菌が繁殖している不衛生な歯のカスをそのまま飲み込む事になりかねません。
寝入っているときは唾液量が特に少量で不足するため歯を再び石灰化する機能が起こらないため、phが不安定な口中の中性のph状態をそのまま保つことが不可能になります。
プラークコントロールという言葉からは、歯ブラシでの歯みがきを思い描くことが大多数だという印象を受けますがほかにも色んなプラークコントロールの用途があると言われています。
唾液そのものは口内のお掃除役とも考えられる程に重要なものですが、その重要な唾液が減れば、口腔内のニオイが強くなってしまうのはしようがない事だといえます。

匂いを気にしていて、市販の洗浄液や歯みがきガムをよく用いているのであれば、歯垢の除去を始めに行ってみてください。あのイヤな口腔内の匂いがマシになると思います。
綺麗で美しい歯列になりたい人は、上手く美容歯科に定評のある歯科を活用しましょう。確かな美容歯科では、トータル的に万全な治療を提案してくれると確信しております。
自分自身でも自覚症状がない間に、歯に裂け目が存在するという場合も推測できるため、ホワイトニングをする際は、隅々まで診察してもらう事です。
びっくりするかもしれませんが日本は歯の病気予防について後進国といわれており、欧米人に比べたら、実は日本人の歯の使用期間は縮まっています。元々予防全般に取り組もうとする思想が違うという事が感じられます。
歯にこびり付く歯石は、プラークとは異なって硬いであるが故に、ハミガキで取り除くのが難しいばかりか、そこが細菌の集まる基地となって、歯周病を誘い込みます。

歯科でデンタルクリーニングをしてもらうのは、歯周病の原因となる菌の活性化を止める秀逸な方法だと、科学的に認められ、ただなんとなく清々しいというだけではないと言われています。
審美歯科に懸る施術は、「困っていることはどうしたものか」「どういった笑い顔を手にしたいか」をじっくりと検討をすることを大前提にしてスタートします。
例えば噛みあわせの相談のなかでも特に前歯がよくぶつかる状態では、歯を噛みあわせる都度ストレスが、上の顎骨の前部や鼻骨に直接かかります。
糖尿病という一面から考え合わせると、歯周病という病になるがために血糖値を調節することが至難になり、そのことから、残念ながら糖尿病の悪化を誘発する懸念もありえます。
当然医師の数が多いのであれば、時間をかけて患者さんを診察してくれそうですが、皮肉にもそういう医院は流れ作業のように、患者さんの治療をおこなう場所があるようです。

口中が乾燥するドライマウスというのは、ストレスがきっかけでなるケースも多いので、これから先の社会には、忙しく働く男性にも症状が出る危険性は非常にあります。
良く知られているように口の中の唾は、いかにもすっぱそうなものや、おいしそうな食べ物を目にしただけで自然に分泌されるのですが、じつは虫歯や歯茎の歯周病などを防御するのに有用なのが前述した唾液なのです。
患者の希望する情報の発表と、患者が下した自己選択を重要視すれば、それ相応の仕事がたとえ医者であっても広くのしかかってくるのです。
私たちの歯牙の外側の生体で最も硬いエナメル質のすぐ下の位置より、口腔内酸性度が低くなりph(ペーハー)5.5~5.7より弱まると、歯にとって大切なカルシウムやリンが溶出してしまいます。
レーザーによる歯の処置は、直接虫歯をレーザーの照射でなくしてしまい、おまけに歯の表層の硬度を強力にし、不愉快なむし歯になりにくい口内環境にする事が不可能ではありません。